2017-11-02 20:58

秋の日とジェムシリカ

今日は写真撮影の仕事で1日外出していました。

普段は家の中で仕事をしている事が多いから、こうして外へ出て動き回るのは久しぶりです。

 

朝夕はすっかり寒くなって暖房が欠かせなくなったけど、晴れた日の外は汗ばむほど暑い。

山を見渡すと所々紅葉し始めた木々たち。
紅葉の見頃はまだもう少し先かな。

IMG_8120IMG_8100 IMG_8098

神社へ寄っておみくじを引いてみました。
IMG_8105

《大吉》
感謝の心にやどるぬくもり

ゆったりと穏やかに
充実した日々が
過ごせるとき。
家族や友人、周囲の人への
感謝の気持ちを忘れず
明るい態度で接することが
さらなる幸運を招く

IMG_8090

周囲が暗くなり始めた頃、帰宅途中に駅前の足湯でゆっくり疲れをとっていたら、目の前に座ってた可愛いらしいおじいちゃんが飴ちゃんをくれた。

S__8347662

塩あめ‥
渋い…。セレクトが渋い‥。

でもね、甘くてしょっぱくておいしい。

おじいちゃんがくれた飴は、どこか懐かしい味がした。

 

そのあと、午前中にお問い合わせを頂いていたジェムシリカのやりとりをして、その方が好きな石を一緒に選びました。

23031476_322277144848681_154206988432080551_n

ジェムシリカって、正式名称はシリシファイド・クリソコラというんだけど、流通名のジェムシリカの名前の方が有名です。

もう少し鉱物的に細かく言うと

透明度が少し低い物を
クリソコラ・カルセドニー
透明度が低いものを
クリソコラ・クォーツ
模様があるものを
クリソコラ・アゲート

と呼ぶそうですが、実際の買い付けの時や市場などは一括して《ジェムシリカ》と呼んでいる印象です。

 

ジェムシリカはペルーやアメリカのアリゾナなど限られた場所での採掘のため、沢山とれる石ではありません。

その為、買い付けの時にも限られたお店しかありませんでした。(何店舗も聞いたけど私が見つけられたのは1店舗のみ)

 

希少性があると仕入れの価格も高くなるんだけど、
ではどれだけ高いかと言うと
そもそもが買い付けの時に g(グラム)ではなく、ct(キャラット)で計算するのです。

思わず、キャラット計算だなんて宝石かよっ!?
と突っ込みたくなったんだけど実はその通りで、なんとジェムシリカは宝石にもなりうる石だったのです。

 

見てみたい‥。
その宝石のジェムシリカ見て見たい‥

と言うわけで、こちらが宝石のジェムシリカ。
スクリーンショット 2017-11-02 20.23.15
引用:宝石図鑑

パライバトルマリンのような優しい色合いですね。

価格が知りたくて少し調べてみましたが、この宝石のレベルにいかないものでも、1ct(いちキャラット)諭吉超えていました…。

IRODORI STONEではジェムシリカの天然石ルースを取り扱っており、1ct数百円ですので、宝石とはいかないまでも天然石ならではの愛嬌のあるジェムシリカを取り扱っています。

気になる方はぜひお気軽にお問い合わせ下さいね^^

 

最後までお読み頂きありがとうございました*

 

 

▽オンラインショップはこちらから▽
*オンラインショップをクリックすると左下に✉️またはLINEの絵が出ますので、そこをクリックしてお問い合わせ下さい。

スクリーンショット 2017-11-02 20.53.23

▽Facebookはこちらから▽
スクリーンショット 2017-11-02 20.55.01

▽インスタグラムはこちらから▽
スクリーンショット 2017-11-02 20.56.03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。