2017-11-20 20:46

買い付け7日目 買い付け最後の日

いよいよ明日は最終日。

.

最初は言葉も通じないし、両替できなかったりお金が下ろせなかったりと色々あったけど、その分たくさんの人に助けてもらって、たくさん学ぶことがあった。

.

何もないところからゼロからはじめる事は正直不安でとてもこわい。

.

.

でも私にとってそれ以上にこわいことは、チャレンジすればできる恵まれた環境があるのに初めから不安に押し潰され、できないと決めつけ何もはじめられない事の方だった。

.

ゼロでも、一歩踏み出せば二歩、三歩と続くかもしれない道を歩めない事の方がとても悔しいんじゃないのかな、と思う。

.

.

今起きていない未来の不安に過度に悩まされるより、起きたことの問題を解決していく方がずっと、ずっといい。

.

.

あの路地裏を入るとお弁当屋さんのおじさんがいて、この道を真っ直ぐ行けば大好きなチャーハンのお店があって、それからあのお店に行ったらあの石があって、あのお姉さんがいる。

.

小さな小さな想い出が短編小説のように積み重なっていって、この何も知らなかった街に

「また帰ってきてね。」

と優しく言ってくれる人がいて、その人たちにまた会いたいから

「また帰ってくるために頑張るね。」

と笑って言える私がいまここにいる。

.

.

そんなことを考えた夜、ふとFacebookを開くと、私と仲が良かったKくんがアップしていた4年前の写真に他の友達たちがコメントをしたようで、タイムラインに再びそれが流れてきてなんだか懐かしい気持ちでいっぱいになる。

.

元気ですか。

会いたいなぁ。

.

.

その写真をアップしていた私のKくんは、もうこの世にはいない。

.

.

.

私は今、生かされてるんだよね。

だからこそ、やりたいと思えた事を大切にして生きていけたらいいなとまた強く思った夜でした。

.

.

.

ーーーーーーー

.

今日はいよいよ最終日。

.

.

お取り置きしてあったラリマーを引き取りに行き、お世話になった人たちに挨拶をして、最後に大きな買い物をして1日が終わった。

.

.

ここで食べる最後のご飯は

後半通っていたお店のお弁当。ここのお弁当は本当においしい。

.

.

それからホテルに帰宅して、お弁当を食べて、石の整理や姪っ子ちゃんとテレビ電話をしていた時、昨日の彼からボイスメッセージが届いたのです。(*海外の人、特にアジア圏はメッセージよりボイスメッセージをメインに使う)

.

実は日中にも石の写真やスタンプやらが送られて来たけど返す内容でもなかったので返信せずに様子をみていた。

.

.

彼「ハローフレンド!どこにいるの?」

.

私「今ホテルに帰ってきてるよ。」

.

すると

.

.

.

.

.

.

.

(1階のフロントの写真)

彼「もう結構前からここで待ってるんだけど。」

.

なぬ!!!?!?

.

.

吾輩は約束など身に覚えはない。むしろ、昨日会話の時にも散々断り、別れ際にも明日の夕飯はご一緒できないと伝えてあるはずだ。

.

.

私「明日は早朝出発で今から支度したり、早く寝たいから行けないよ。」

と伝えると

.

.

彼「わかった。おやすみ!」と返事が来た。

.

よかった。

メッセージでなんとか断れたみたい。

.

.

ーーーー5分後ーーーー

.

.

.

.

.

.

ドンドンドンドンドン!!!

(((((((( ;゚Д゚)))))))ヒィィィィ

.

.

ま、まさかきききききみは部屋まで来たのですか!?

.

ドアの鍵を閉めたまま、恐る恐る部屋の中から答える。

.

.

私「ハロー?」

ドアの外「……….。」

私「ハロー?何ですか?」

ドアの外「………..。」

.

何も言わない。ならばこのまま放っておこう。

.

.

.

.

.

.

.

.

ドンドンドンドンドン!!!!!!!!

Σ(||゜Д゜)ヒィィィィ

.

私「ななななんですか!?」

ドアの外「僕だ。ケータイのインターネットが使えなくて君にメッセージが送れないんだ。」

私「…..は(゜д゜)?」

彼「ケータイからメッセージが送れない。」

私「….そうなんだ(というかホテルのWi-Fi使えば送れるだろ)。

.

.

彼「でね、今から出かけるんだけど、いく?」

私「行かない(ꐦ°᷄д°᷅)」(即答)

.

.

.

.

.

彼「….わかった。」

.

.

.

.

そうして彼は部屋から離れて行き、私はこの物語をこうして文にしたためてる次第でございます。

.

.

.

.

.

.

さ、明日は無事に帰りますよ。

ではまたっ。

.

.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>