2014-03-29 07:00

女性のセクハラ問題

 

こんにちは!

このWWOOF先に来てもうすでに一週間が経過しようとしているんですが、色々な事が起きすぎて何から書いていいのかわからない状態になってしまいました。

 

 

色々書きたい事は山ほどあるんですが、今私が悩んでるというか戦ってることについて今日は書きたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー
いつもクリックでの応援ありがとうございます。
 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
ーーーーーーーーーーーーーー ーー 

 

今私は80歳近いおじいちゃんの家に滞在しているんですが、ここは前の記事にも書いたように農場ではなく、じいちゃんの家です。

 

私は話し好きなじいちゃんに合わせて、朝7時〜夜10時まで自分の部屋に帰る事ができないくらい、一緒の時間を過ごしています。

そんなじいちゃんはこの最初の写真でもわかるように、すっごい元気で茶目っ気もたっぷり!おやじギャグならぬ、じじギャグも連発します。
(そしてその英語のほとんどを私が聞きとれないから、じいちゃんはそのギャグを何回も私がわかるまでくり返し、私がやっと理解した頃にはあまりに時間がかかりすぎてて、全然面白くないという魔のじじギャグスパイラル。)

 

 

 

明るくて、元気で、お茶目なのはよい。
じじギャグでスベるもよし。

 

けど

 

 

 

 

 

 

そんなに近寄らないでくれるかな?

 

 

 

人間にはパーソナルスペースといって、他人に近づかれると不快に感じる距離があります。つまり、目にはみえないけど人間は縄張りみたいなものを持っているのです。

例えば、いきなり初めてあった人があなたの顔30cm前に来たら「え!?何!?」とドキッとしませんか!?

 

それはパーソナルスペースが侵害されているからなのです。

スクリーンショット 2014-03-28 23.09.24
http://www.ace-schools.co.jp/article/detail.php/58/2128

満員電車内で下や広告を見ていたり、満員のエレベーターの人達が皆一斉に階数を見ているのは、それぞれ個々のパーソナルスペースが侵害され、逃げ場を作ろうとしているのです。

 

 

で、ここまで書いて何が言いたいかっていうと…

 

 

 

 

 

おじいちゃん
すんんごいパーソナルスペース侵害してくるんです。

 

 

 

とにかく

 

 

 

近い

近い

 

 

 

 

近い!!

 

 

顔が近い!
体が近い!

 

お願い、そんなに近寄らないで。

 

 

 

そして、ことあるごとに体を触ってきます。

腕を掴んだり触ったりするのは日常茶飯事。お尻を触ると書くといやらしいですが、ペチペチ叩いてきます。両手で顔を包んできます。お願いです、包まないで下さい。私は確かに少し丸顔だと思いますが、肉まんではありません。

 

ちなみにじいちゃんは私のことを「オウ〜マイスイ〜トアンナ」とよびます。これ、毎回です。それでは、朝の一コマから抜粋したこちらをご覧下さい。

例文
「グッドモ〜ニング、オウ〜マイ〜スイ〜トアンナ〜。オウ、ソーリーソーリ。グッドモ〜ニング、オウマイベリースイートアンナ〜。」

 

これが朝6:30に起床してすぐからの甘い、甘いじじギャグ挨拶です。毎日です。毎回です。名前は必ず“スイートアンナ”です。コーンの話しではありません。

 

 

時に私の腕を掴みながら、時に私の手をとりながら、時に顔を肉まんのように包みながら。

 

 

ボディータッチがハンパじゃない。

 

 

 

そして4日目に事件は起きました。

普段からテンションの高すぎるじいちゃんですが、その日は私がじいちゃんが鳥に餌をあげている動画を撮りました。それをじいちゃんに見せたところじいちゃんは大喜びをしてテンションがあがりすぎて

 

私のほっぺにキスをしました。

 

 

 

こんんんのくそじじい!

 

 

 

最初はボディータッチに関しては不快感はありましたが、それは文化なのかなって思ってました。でも、文化でもなんでも嫌な事ははっきり言うべきだとこの時確信しました。

私は肉まんじゃありませんって。

 

そこじゃないけど。

 

 

というわけで、私はそれから「触られるのは好きじゃない。」「それは普通じゃない。」「嫌だ。」とじいちゃんに向かってはっきり言うようになりました。

また、じいちゃんが近づくと反射的に体が離れるという技も使えるようになったので、じいちゃんも最近は察してくるようになりました。

甘くて虫歯になりそうなネーミング「ベリ〜スイ〜トアンナ」も1日中何度となく使われ、寒気がしているので「私は甘くない。どちらかといえばソルト(塩)に近いです。」というこれっぽっちも可愛くない皮肉な返事もできるようになりました。

 

その結果、1週間後の今はじいちゃんもだいたいの事を察して色々自粛してくるようになったので、初日の方に比べて不快に感じる事も少なくなりました。

 

 

と、そんな中ブログの読者さんからメールがありました。

「あんなさん嫌なこととかされてませんか?実は私もそこに居たことがあります。」と。彼女は、やっぱりじいちゃんのそういう行動に悩まされてホスト先を変えたみたいです。

 

でも彼女の話しによると他の子はそんなことなかったと言ってたみたい。彼も人を選んでしているのか、それともその子が不快に感じなかっただけなのか。

 

 

ここまで書くとまるでじいちゃんが悪者みたいになってしまうけど、じいちゃんの家にはウーファーからお礼の手紙が届いていたり、メールが沢山届いていたりする。また彼は色々な所へ連れていってくれるし、明るくて誰にでもニコニコ声をかけちゃうくらい社交的で人々にとても優しい。

 

 

だけど、いくら優しくされてるからって我慢する必要はない。

 

 

おかしいことはおかしい。嫌なことは嫌だ。今ははっきりと言えるようになったけれど、最初はどういう人かわからないから、やっぱりそういう事を伝えるのは多少躊躇してしまってた。

ウーファーとホストの間でどうしても上下関係が発生してしまうのもしょうがない。

それでもやっぱり言う権利はあります。というかおかしいと思ったらいうべきだし、そもそも私は口が達者なので黙っていられません。笑

 

 

 

彼は私が触ることに対しいやがっているときに
「これは文化だよ。」と言ってきました。

私も反抗して「触られるのが嫌なのは文化です。日本人はシャイなんです。」と返した。

そしたら「文化は変わってきている、20年前をみてごらん、昔は…」

 

とあーだこーだ言ってきたので「私が間違ってた。これは文化じゃない。私が触られるのが嫌いなの。嫌なの。嫌いなの。」とはっきり言いました。

 

 

こんな事書いてるとケンカ腰みたいに聞こえますが、この会話じいちゃんと私は笑いながらしてます。笑。とこんな感じではっきりとストレートに言う事が大事だなって思いました。

じいちゃんとの距離さえしっかりととる事ができれば、本当にここはいい所だと思うんだけどな〜。

 

 

じいちゃんそのセクハラ治した方がいいよ!

 

 

さすがにそこまではストレートに言えないな。笑

 

 

距離のとり方って難しいし、相手を不快にさせないように物事を伝えることってやっぱり容易くないな。

とりあえず、今はじいちゃんが自粛しているのでこの“はっきり意思を伝える”方法で最大限の対応をして生活していこうと思ってます。

 

ちなみに今日の渾身のじじギャグ

私「コショウと塩とって下さい。」

おじいちゃん「はい、コショウ。」

私「サンキュー。」

おじいちゃん「はい、塩。」

私「サンキュー。」

おじいちゃん「はい、僕。(満面の笑みで両手を広げてる)」

私「ノーサンキューー(無表情)」

おじいちゃん「オウ〜マイスイ〜トアンナ〜!笑」

 

とこんな感じでやってます。笑

IMG_9733

22度で寒い寒いと言っていたらジャケットを貸してくれたじいちゃん。
ありがとう。けどこれ厚すぎだから。

スクリーンショット 2014-02-02 15.58.29

 

ーーー手作り山梨広告ーーーー
365いいね!山梨とは?はこちらから。
http://morianna.net/archives/1597

IMG_9971

 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

 

女性のセクハラ問題」への49件のフィードバック

  1. 通りすがり

    たいへんですね!
    でもただで雇ってもらって(宿と食がついてくる)いるので、ウーフでは虫も汚いところも当たり前です。私も各地のウーフに行きました。今回のことはそう考えると汚くない&労働が大変でない代わりと考えるとしょうがないかな。無料で雇ってもらう意味を考えて必要な我慢もしてウーフをしないとホストにメイワクかも。コロコロ変えすぎたし、文句がちょこっと気になるな。ただより安いものはないですよ

    返信
    1. anna 投稿作成者

      通りすがりの方こんにちは!
      コメントありがとうございます。通りすがりの方もWWOOFしていたんですね!そうですね、無料で雇ってもらって宿と食がついてくるのであれば多少汚くても虫がいても仕方のないことだと思います。私は以前南の島に住んでいた時に汚い&虫が大量といった状況だったので、そこでだいぶ鍛えられてたくましくなり多少免疫がついているつもりです。そして今回のことについては、私も最初はそう思ってました。おじいちゃんだし、文化の違いもあるし仕方のない事だと。私の記事が言葉足らずですいません。ここに以前来ていたという方から連絡を頂いたんですが、彼女は夜星を見に外に行ったら後ろから抱きつかれ「Can I do someting?」と言われたそうです。私も最近では毎日「一緒にシャワーに入らないか?」と言われます。それも文化なのでしょうか?それも我慢して一緒にシャワーに入った方がいいというのでしょうか?それらの要求を断ることはウーファーとして迷惑なのでしょうか?最悪な事態に進まないように防御する一つの方法として嫌なことは嫌だと伝えることはよいのではないでしょうか。もし、私が執拗に触る事やキスを許していれば多分彼はエスカレートすると思います。
      私はWWOOF先を変えたのは色々な理由があるけど、色々な場所にいけて沢山の経験ができたことは私にとって財産です。長く滞在することも、短期で滞在する事もそのどちらもよい経験だと思います。コメントありがとうございました。また次に来た際はお名前を教えて頂けたらなと思います^^

      返信
      1. 匿名

        横から失礼します。

        質問なんですが、あんなさんのブログへのコメは、実名明記じゃなければならないというルールなんですか?私も過去に言われ、「通りすがりさん」も名前を教えろと言われていたもので。

        見落としているのかも知れませんが、そのようなルールならば、目につきやすいところに記載して下さると有り難いです。

        因みにワタシのWeb上の名前は「匿名」です。

        返信
        1. anna 投稿作成者

          匿名さんこんにちは!
          匿名さんの名前って結構インターネッツの世界ではいっぱいいらっしゃるので、誰が誰なのかわからなくなるんですよね^^;
          せっかく遊びに来てくれた人の名前は覚えたいです^^

          返信
  2. kaori

    はじめまして!
    前から楽しくブログ読ませてもらっています!
    私は18歳のころにロンドンに留学していました。
    ホームステイ先がおばあちゃんとおじいちゃんのおうちで、ふたりとも高齢だったけど
    すごく元気でした。。
    で、そこのおじいちゃんがこんな感じでした。
    留学生で私が一番若く、自分の孫たち(オトコばっかり)みたいな感覚で面倒を見てくれてました。

    そのおじいちゃんが、このジョセフさんのような感じで
    毎日おばあちゃんの前でも私のことを『マイスイート』とか『マイダーリン』って呼んでました。
    おばあちゃんも何も思ってないようなのでそのままにしてましたけど・・・
    海外では、子供のようにかわいがっている人のことをそう呼ぶのでしょうか?

    ボディータッチはもちろんでしたが、そこに性的ないやらしさは感じなかったので
    私はそのままにしてました。てか、なんなら私もそれ真似して抱きついたりしてました・・・笑

    一番びっくりしたのは私に彼氏ができたときに
    ○ンドームと○ーションを買ってきてくれて、愛し合うのはいいけど
    身体を大事にしなさいって熱く語られたことです・・・笑

    あんなさんみたいに、自分を主張するほど自我もなく
    外国の人のスキンシップに染まってましたが
    そうゆうふうに主張しても海外では個人として受け入れてもらえるので
    ありがたいですよね。
    他にも大変なことなどあると思いますが、これからもブログ楽しみにしていますので
    がんばってくださいね~!

    返信
    1. anna 投稿作成者

      kaoriさんこんにちは!

      コメントありがとうございました。
      えー!彼氏の話しの下りでびっくりして口があいてしまいました。笑
      そのおじいちゃん凄いですね!
      そしてやっぱり同じなんですね。彼も「マイスイートダーリン」や「マイスイートアンナ」とよく乱用しています。そうですね、そこに性的嫌らしさを感じるか感じないかっていうのは大事ですね。
      私は最初はそうは思わなかったけれど、だんだんそれがエスカレートしてきてしまっているのを感じてから、あ、これは違うなっていう事を思いました。

      驚かされる事は多いですが多少のスキンシップは文化だという事はわかります。けれども「一緒にお風呂入ろう。」と言われるとさすがにそれは…って思ってしまいます^^;多分このおじいちゃんは一個許せばどんどん言ってくるなって感じたので、嫌なことは嫌だと言うようになりました。

      kaoriさんの所はおばあちゃんがいたんですね!私の所は2人きりなので、なかなか逃げ場がなく、唯一他人と接する事ができるのはインターネットだけなので色々考える事も多いです。
      kaoriさんコメントありがとうございました。おじいちゃんと忙しい毎日を過ごしていて最近はブログ滞り気味ですが頑張って更新していきます!

      返信
  3. YUKAMI

    文化が違うからなのかな・・・外国の人って距離感が日本人とやっぱり違うよね。
    なかなか大変だ。
    でも彼なら少しきつめの事言っても笑顔で受け止めてくれそうだね!
    きっとそういう人柄☆たのしい毎日を★

    返信
    1. anna 投稿作成者

      YUKAMIさんこんにちは!
      なかなかこの文章だけだと色々伝えられていなくてごめんなさい。
      確かに、ハグとかそういうのは文化なんだなっていうのはよくわかります。
      だけどそれを超えたらやはり耐えられない事もあるんです;;泣
      ありがとうございます。頑張ります。

      返信
  4. じゅんや

    素敵なおじいちゃんに巡り会えたかと思えば、またも問題発生なのですね笑
    しょうがないって意見もありますけど、我慢できる事とそうでない事はやっぱりありますよ。
    僕だってタダで3食面倒見てもらえて泊まる場所もあるからって、好意のないおばさんからお風呂誘われたり、そんなことされたら嫌だもん。
    少し今後が心配ですけど、あんなさん守りを崩さないでくださいね!笑

    返信
    1. anna 投稿作成者

      じゅんやくんありがとう。そうなの。我慢できるところもあるけれど、やっぱり限度を超えたりすると無理なものは無理と言った方がいいかなって思います。
      私も今後が心配ですが頑張ります、ありがとう。

      返信
  5. iii

    労働なくてタダで泊めてもらって色々嫌ならお金払って自分でホテル泊まるべきだと思います

    返信
    1. anna 投稿作成者

      iiiさんこんにちは。
      多少の汚い事や嫌なことがあることは仕方のないことです。私もそれを承知してWWOOFをしています。その中でもやはり思った事や嫌な事はちゃんと伝え、お互いにとってよりよい関係が築けるのであれば言ってもいいのではないかと私は思います。彼は私にハグやキスをしてきますが、それ以外にも「一緒にお風呂に入ろう。」や「アイラブユー」と言ってきます。そしてそれらの言葉に対して「いい?こういう事を僕が言ってるって外で言ったらダメだからね。」と言ってきました。それは明らかにやましい気持ちがあるからそう言ってくるのではないでしょうか?WWOOFは沢山の素晴らしい経験が得られるシステムだと思います。しかし、そればかりではありません。時にこうやって嫌なことも、私の一カ所目のWWOOFのように汚いこともある、いいことばかりではないけれど、それでもやっぱりいい経験になるという事を伝えていければと思っています。コメントありがとうございました^^

      返信
      1. iii

        先にコメントしたようにそれが不快で嫌なら出ればいいのです
        彼の事をやましい事がある人物と思ってるのであれば尚更です

        でもそう思いながら自分で選んでそこに留まってるのですよね?
        それならあーだこーだブログで写真入りでホストの悪口や文句と取られる発言はしないほうがいいと思います

        やましい人物と思いながらもそこに居るのはあなたが彼からされてる事と自分がそこに労働無しで泊めてもらえてる事のメリットのバランスをとってそちらを選んでるだけなのに「私が我慢してやってる」的な言葉を羅列してるその姿勢に疑問を感じてるのです

        自分で損得勘定の上で選んでそこにいる訳でしょ?
        そうでないなら逆に何故そこを出ないのですか?

        返信
        1. anna 投稿作成者

          iiiさんこんにちは!
          今日みなさんのコメントを受けて思う事を書いてみました。
          確かにこのブログは読み返して言葉が悪かったと思います。【くそじじい】とか書いてしまっていますし。

          そうです、私がそれでもいるのはiiiさんがおっしゃる通りメリットとデメリットのバランスをとっているからこそ居られるのです。(今日のブログで書きました)
          泊めさせて頂いてる、と思う気持ちもありますがやはり、それでも嫌なこともあり、その中でバランスをとりながらWWOOF生活をしている。ということを書きたかったのですが、上から目線みたいな言い方になり不快な思いをさせてしまったこと、すいませんでした。iiiさんが言いたいことわかります。労働についてなんですが1日5時間前後しています。

          返信
          1. anna 投稿作成者

            iiiさん追記でごめんなさい!
            詳しい事を書こうと思ったんですが、個人の写真まで出して名前まであってという指摘もあり一瞬で消してしまいました。すいません。

  6. テツ

    本人にしかその状況わからないかもだけど、じいちゃんだしそれくらいいいじゃん?とも思うなあ

    返信
    1. anna 投稿作成者

      テツさんこんにちは!
      私もおじいちゃんだしそれくらいいいかな?と私も思ったりしましたが、やはり執拗にお尻を触られたり「愛してるよ。」「僕はオーストラリアの彼氏だね。」「一緒にお風呂入ろうよ。」等と言われるとさすがにいい気はしません。お風呂に関しては昨日「何でダメなのか。」という事を延々質問してきて泣きそうになりました。しかも彼はそれはよくない事だと分かってるらしく「いいね、僕がこういう風に言ってるってことを決して外では言っちゃダメだからね。」と言われたりします。最初は冒頭にも書いたようにそう思いましたが、今は嫌な事は嫌だと言うべきだと思っています。その境目がなかなか難しいところなんですけどね^^;

      返信
      1. テツ

        それは反則。
        結局のクソジジイ(じーちゃんから呼称変更w)、エロ目的でウーフやってるわけだ!
        良しぼくもそれしよう!・・・じゃなくて、もうちょっと自愛しないさいってばぁ!
        君は嫌ならいつでも出ていける立場なんだから、それをいつ行使しても
        なんら敗退にはならないよ。
        それどころか「無駄な我慢、苦労」ってのはその人を萎縮させるだけだぞ!
        あんなさん、君はもっと自分を単刀直入な意味でかわいがる必要があるな。
        それを全開の粉ババアのウーフなど、ウーフ本部に抗議というか報告義務あると思うな。
        同じエネルギーつかうならこっちだよ。
        ガンバ!!

        返信
  7. moco

    文化の違いをセクハラ呼ばわりですか…
    パーソナルスペースが大切なのであればホテルのシングルルームへ泊ったらどうでしょうか
    その土地の文化や人間、暮らしを体験し学習し理解するWWOOFは合わないのでは?
    文化の違いではなく、本当にセクハラ被害を受けているのであればガマンする必要はないと思います。
    生意気なこといってすみません。

    返信
    1. anna 投稿作成者

      mocoさんこんにちは。
      私も最初は文化かなって思いました。教会に一緒にいけばみんなとハグしたりするのも、彼とハグするのもそうなんだと思っていました。でもそれは文化だとわかります。けれども「一緒にお風呂入ろう!」と執拗に言ってきたり、私が断ると「どうしてだい?一緒にシャワーくらいいいだろう。」「何でダメなのか聞かせてくれ。」「わかった。水着を着て入ったらどうだろうか?」という事を言ってきて明らかに文化の範疇を超えてると思い、このような感じでブログを書いてしまいました。私は性的に嫌だと感じていることは自意識過剰なのでしょうか。

      返信
  8. Yontan

    コメント等拝見する限り、文化の範疇を超えているかとは思いますが…
    百歩譲ってそれが文化だとしても『自分の文化ではそれは受け入れられない』とはっきり主張し、それを理解してもらう事も文化交流の一つですよね。こちらが想像してなかった事が起こるのと同時に相手方が想像していないプロセスでこちらが考えている事も多々ある訳です。その上で互いの違いを理解し、お互いが納得できる落としどころを見つけて共存していく事が必要だと思っています。
    ちなみに他の方のコメントを見ていて思ったのですが、挨拶代わりにハグをするアメリカであっても男性から積極的に女性にハグを求めることはあまりマナーのよい行為だとは言えません(もちろん親密度にもよりますが)。もちろんオーストラリアとアメリカの文化も違うとは思いますけれど、ハグやキス、ボディタッチを文化で括るのは少し違うと感じます。
    これから先も色々とあるかと思いますが、頑張ってくださいね!

    返信
    1. anna 投稿作成者

      Yontanさんこんにちは!
      ハグの話しびっくりしました。アメリカであっても積極的にはしないんですね!
      初めて知りました。
      そして応援コメントありがとうございました、とっても励まされました。

      返信
  9. ミミミ

    こんにちは。
    すこし前から読者させていただいてます。
    あんなさん、我慢してはいけないよ。
    日本にいてもどこにいてもセクハラにあうことはありますよね。
    相手が患者さんとかだと強く言えない(←わたしは病院勤務です)、相手との関係で強く言えないときもあると思いますが。
    No!と言える日本女性でいてください!!!
    負けないで~。にっこりで!
    ところで以前japan heartへ行かれると書かれていましたがgoですか??
    わたしも参加したく悩んでいるんです。

    返信
    1. anna 投稿作成者

      ミミミさんこんにちは^^
      コメントありがとうございました!わっ!少し前から読んでてくれたんですね;;
      ありがとうございます。
      相手が相手だと強く言えない事ありますよね。今回は最初から嫌だとはっきり言っていればよかったなと今になって思ってます。
      ジャパンハートの件、ずっと昔に書きました!よく覚えててくれましたね!
      私は日本にいるときに参加しようと調べたら、お金が結構かかることがわかりました。
      お金を払って経験するかどうか悩みましたが、それをするくらいであれば違う事をしようと思い、3カ国目ではとある島の孤児院へ行く予定です^^
      ミミミさんはgoですか!?

      返信
  10. バックス

    WWOOFについてザックリとしか知らないのですが、
    アンナさんがイヤと思えばその時点でセクハラは発生です。
    イヤな事をしてきた時に分かってるくせに何故だ何故だと困らせるなら、
    私の説明で分からないならWWOOFに相談していい?って言ったらどうでしょう?
    それで解決しなければ短期でわざわざ来たのに残念ですがホストを変わる。

    宿と食事を与えてるから労働が無いからセクハラに耐えろってのは全然違う話だと思いますよ。
    人権意識や民度が低くてビックリします。

    返信
    1. anna 投稿作成者

      バックスさんこんにちは!
      コメントありがとうございました。
      確かに、宿と食事がある代わりにセクハラに耐えるっていうのは違いますね^^;
      ただ、これは私の書き方も悪かったので、読んでくれた人に違った印象を与えてしまったのかもしれないなと思っています。
      書いて伝えるっていうことは難しいなと感じましたが、これからも頑張って書いていきますので、また遊びに来て頂けたら嬉しいです!

      返信
  11. まえさん

    とんでもない事になってますね。
    苦い思い出にならないようにお大事に
    帰ってきたら波照間で思い出話をいっぱい聞かせてくださいな

    遠いベスマの地よりあんちゃんへ

    返信
    1. anna 投稿作成者

      まえさんこんにちは!
      そしてなんと!!ブログ読んで下さっていたんですね!
      知らなかったです;;
      このコメントを見て私はぽろぽろ泣いてしまいました。
      まえさんと一緒にあの島で過ごした時間が私を強くさせてくれます。

      おみやげ話し、たくさん持っていきます。
      また、必ず会いにいきます^^

      返信
  12. えいじ

    あんなちゃんのブログなんだから、
    あんなちゃんがおもったことを書いたらいいんだよ笑
    あんなちゃんって個性が感じたままに書けば
    いい。
    感じ方が人それぞれ違っていい。

    だから面白いんだから。

    誰かあんなちゃんのブログを強制的に読まされてるわけじゃないでしょう?

    未来に読み返したときに楽しい思い出になるよ。

    だから、今の感じたまま書いた方が面白い。

    と、えいじという人がいうてます〜。

    経験がすべて。

    頑張れあんな!笑
    楽しめあんな!笑

    最近コメントないけど、毎日見てるよ笑

    返信
    1. えいじ

      セクハラは男性がおもっている以上に女性にとっては苦痛で、嫌なものです。

      さっきのコメントはながら読みして書いたコメントだったので、的はずれでした。

      文化の違いではないです。
      明らかな女性軽視です。
      また、システムを利用して、外国人に対するセクハラです。
      問題にしていいレベルです。

      無料の宿、食事を用意するから対価に身体で払え。と一緒です。

      あんなさんは優しいからそこまで問題にはしないだけで、すぐに問題にあげていいレベルだとおもいますよ。

      あいてがおじいちゃんだからいい?
      そんな訳ないでしょう。
      でも、嫌なものは嫌だし、システムに問題があるならしっかり管理してもらわないと。

      楽しみにこの制度を利用しようとしている人もガッカリします。

      いろいろな意見がありますが、
      僕はそうおもいます。

      女性が受ける傷は男性が想う以上に深いです。
      と、僕もおもいます。

      返信
      1. anna 投稿作成者

        えいじさんこんにちは!
        2つもコメント書いてくれてありがとうございます;;

        この記事に関しては、私も書き方がまずかったかなーって反省しています。
        WWOOFは現地の人の生活を体験できて、すごくいい経験になると思います。けど、その一方で色々なことがあり、決していいことばかりじゃありません。
        WWOOFをしている子が「ギャンブルみたい」と言いましたが、確かにそうだなーなんて思ったり。

        セクハラはやっぱりどんなことであれ受けると嫌ですね^^;

        返信
  13. ぁこ

    あんなさん、はじめまして。ぁこと申します。
    私もいつか世界一周に行きたいと思っており、あんなさんのブログを参考にさせて頂いてます。いつも更新が楽しみです!
    今回のことは完全にセクハラだと思います。セクハラの定義って決まっていないと思いますので、あんなさんがセクハラだと感じたのならそれはもうセクハラですよ。
    私はオーストラリアにホームステイしたことがありますが、そんな嫌な思いはしたことがありません。文化の違いという言葉で片付けられない問題だと思います。確かに寝る所と食事を提供してもらっているかもしれませんが、きちんと対価として労働力を提供しているのですから、そんなに相手の言いなりになる必要もないと思います。
    慣れない地で大変な思いをされていると思いますが、あんなさんの旅が素敵なものとなること願ってます!

    返信
    1. anna 投稿作成者

      あこさんこんにちは^^
      はじめまして、そしてコメントありがとうございます!
      あこさんもいつかは世界一周だなんてすごいです!私なんてタダのヘタレで、旅ってなんだ…っていうレベルです^^;
      あこさんもオーストラリアにいたんですね!私が接してきたオーストラリアの方々はみなとっても優しかったです。なんか、これだとオージー!!って感じになってしまいますよね;;(っていってもこのおじいちゃんオージーではないですが)そういう所ももっとブログで伝えていきたいなと思います。
      残り3週間楽しみます!あ!また姿を現して下さいね・笑
      コメントありがとうございました!

      返信
  14. 夏が好き

    あんなさん、何も悩むこと無いよ。あんなは決して間違ってない。
    今のあんなさんのやり方で、これからも対応すればいいよ。
    オーストラリアの文化と日本の文化の違いは当然ある。
    しかしこれは文化の違いじゃなくて、個人の人間性の問題です。
    だから人に言うなと言うんです。
    このおじいさんは自分一人で寂しいのかもしれないけど、一度気を緩めたら益々エスカレートすると思う。
    だから今のように嫌なモノは嫌とはっきり言った方が良い。

    WWOOFは沢山のいろいろな経験が出来る場だけど、それに流されるのではなくて、その場面を自分自身でどう対応して行くかが大切なことです。これが「いろいろな経験が出来る」と言うことですよ。
    流されて単に行動したことは意味のない経験であって、「望む経験」ではありません。
    こうやって、悩みながら自分の考え方で行動することに意味があって、自分自身が責任を持って行動してると言うことです。
    あんなさん、自分の考え方に自信もって良いですよ。決して間違ってないと思う。
    どうしても行き詰まったらみんなに大きな声で相談すればいい。
    ガンバレ!
    それでも、どうしてもがんばれなかったら家に帰っておいで!

    返信
    1. anna 投稿作成者

      夏が好きさんこんにちは!
      コメントありがとうございました。

      >WWOOFは沢山のいろいろな経験が出来る場だけど、それに流されるのではなくて、その場面を自分自身でどう対応して行くかが大切なことです。これが「いろいろな経験が出来る」と言うことですよ。
      流されて単に行動したことは意味のない経験であって、「望む経験」ではありません。
      こうやって、悩みながら自分の考え方で行動することに意味があって、自分自身が責任を持って行動してると言うことです。

      この言葉がすごく染みました。
      確かにその通りです。色々な経験を摘んでもっともっとたくましくなって、ぶじにこの旅を終わらせれるよう頑張ります。
      いつも、いつも励まされています。
      ありがとうございます。

      返信
  15. まいちん

    あら。可哀想に。セクハラって嫌だよね。
    少しずつ心がモヤモヤ蝕まれてくよね~
    はっきり伝えられてるなら良かった!でも無理しないようにね。頑張れ~!

    返信
    1. anna 投稿作成者

      まいちん!!
      そうなんだよね、少しずつモヤモヤっていう表現わかる気がした。
      まいちんありがとう!
      またコメントちょうだいねー。待ってるよ。
      あ、誕生日終わっちゃったけどおめでとうだね!(毎年こんな感じでごめんw)

      返信
  16. 元ボクサー

    あんなさん、はじめまして。
    僕なら爺さんに 「いいかげんにしろや クソジジイ」とはっきり言いますし、場所も変えます。
    じじいのやっていることは、最悪な事態になる一歩手前のセクハラです。

    セクハラを受けた女性の恐怖や、気持ち悪さは解ります。
    なぜならガチホモに迫られたことが何度もあるからですw。

    相手に不快な気持ちを抱かせて、それを文化の違いだなどと言い訳するのは論外です。
    はっきりNOと言いましょう。
    日本の女性は外国人男性から見て、かわいいと言うのも勿論あるのでしょうが、
    はっきりNOと言わない姿勢から、押せば何とかなる と舐められているようです。
    もし白人女性が相手なら、お尻をさわったり、一緒にシャワーに入ろうなどとジジイは言ったでしょうか。
    あんなさんの、嫌な事は嫌と毅然と言う姿勢は重要だし、正しいのです。
    その上で、そこに留まるのも移動するのも自己責任です。
    良い旅を!

    返信
    1. anna 投稿作成者

      元ボクサーさんはじめまして。
      元ボクサーさんなんですか!?名前がどうしても気になっちゃって!!
      そしてコメントありがとうございます。そうですね、嫌なことは嫌だとはっきり言うべきです。私も今思えば最初から言えばよかったなって思いました。
      次似たようなケースがあったらはっきりNO!!と言える気がします!

      返信
  17. 男というのはいくつになっても若い女の子を触りたがるもんですよ。

    お気をつけて。

    返信
    1. anna 投稿作成者

      ははは^^;
      そういうもんなんですかね。笑

      返信
  18. Saya

    見ながら普通に笑っちゃいましたーーw
    でもパーソナルスペースは絶対大事ですよね。
    うんうん。

    来月から旅に出ますが5月くらいにアジア入りする予定ですー!会えたら嬉しいです^^

    返信
    1. anna 投稿作成者

      Sayaさんお久しぶりです^^
      そうなの!そんな感じで捉えてもらえるかなって思って面白おかしく書いちゃったけど、結果こんなことになってしもうた!

      来月からアジアなんですね^^
      わたしもなのでぜひぜひお会いできることを楽しみにしています。

      返信
  19. たろ

    通りすがりですが、嫌なら何処か他に行けば?というようなコメントは
    違うと思います。
    なぜなら受け入れる側にも責任があるから。
    契約社会とよく言われますが受け入れてもらうがわの
    責務に性的サービスは含まれないですよね。
    そこをしっかり主張するのは全く間違っていません。

    またメリットデメリットを比較して残っている選択に対して他人が
    色々言うことでもありませんよね。
    がんばって自己主張してください。

    返信
    1. iii

      じゃあアンタも十分他人だから黙ってもらおうか

      書いてる本人がネットで不特定多数の人に公開してコメントを受付てるのだから、思い通りでない意見や批判が来たら「他人が色々言うことでもありませんよね」とはナンセンス過ぎて話になりません

      他人だから色々言うなというのであればコメント欄自体を否定してるのと同じだろ

      返信
      1. たろ

        まず最初に、別にあなたに黙れとは誰も言っていません。

        ブログに何を書いても自由、コメントするのも自由。

        私は私の意見として、彼女がそこに残っても出ても自由で、それに対して
        他人が高圧的な文章で批判すること、その内容は間違いだ、と言ってるわけです。

        批判することという行為自体を間違っているとは言っていません。

        間違って理解されているようですので説明させていただきました。

        それよりもまず、コメントは自由と言いましたが、ネットですがここも不特定多数の人が見る
        公共空間の一つです。

        iiiさん、あなたの文章の書き方は非常に他人を不愉快にさせます。
        これはほとんどの日本語を理解する方が同意していただけると思います。

        あなたは普通に外でもそうやって他人に「アンタ」「黙ってもらおう」
        と言うのですか?

        まずは基本的なエチケット、マナーを身に着けてからコメントしましょう。

        はっきり言ってあなたにはコメントする資格は無いと思います。

        もしかしてiiiさん、あなたが中学生とかなら仕方ないですがね。

        返信
    2. anna 投稿作成者

      たろさんこんにちは!
      わっ!通りすがりの方なのにコメントまで頂きありがとうございました^^
      「がんばって自己主張してください。」この言葉に背中を押されました。
      コメントありがとうございました;;

      返信
  20. ゆーじ

    こういうのに初めてコメントしますが、僕は読んでみて全然間違ってもないことだと思いました。批判というか事実とそれに対する自分の感情を表現してるだけですもんね。オーストラリアには2年半いましたが皆さん本当にいい人が多く感謝していますが日本人の女の子の中には同じような被害にあっている子がファームにもホームステイにもいました。そしてそういうおっちゃんは必ず「日本人の女」のみを標的にしています。インドとかでも同様でした。他国の女姓と比べると圧倒的に自己主張ができないことをわかっているからだと思われます。そしてそういう嫌な事があると必ず後にはいいことがあるということを実感できるのが旅のすばらしさのひとつだと思います。僕もまた旅に出るので参考になるかとこちらのブログ覗かせて頂きました。いい事ばかりではないでしょうが、楽しんで写真を撮りながら無事に帰国される事をお祈りしてます。

    返信
    1. anna 投稿作成者

      ゆーじさんこんにちは^^
      この話しに関しては、ちょっとわたしも上手くちゃんと書けてなかったからこういう事になっちゃったんだろうなーなんて思ってます。もう少し違う書き方もあったのかなって^^;
      でもそんな風に言って頂きありがとうございます。ゆーじさんもオーストラリアに2年半もいたんですね!わお!
      そうですね、オージーの方ってすごく優しい人多いですよね。バスの運転手さん、駅の人、たまたま行ったお店の店員さんとか色々なところからそういう風に感じます。
      そうそう。日本人の女の子はこういうこととっても被害にあいやすいみたいですね。すごく残念です、と同時に反省しました。
      わたしも最初にこの件を多少なりとも許してしまっていたからまた彼に「あ、やっぱ日本人大丈夫じゃん。」みたいな気持ちを抱かせてしまったんじゃないかって。
      わたしを含め、日本人女性のみなさん、嫌なことは嫌って言っていきましょう!ってそう思いました。
      今はゆーじさんがおっしゃるようにそういう事があったからこそ、より色々な事を幸せに感じることができています。
      ゆーじさんも旅に出るということで、お気をつけてお出かけ下さい!
      そしてもしどこかでわたしを見つけたら声をかけてください。笑
      お互い楽しみましょう^^

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>