2017-06-01 05:00

海外への天然石買い付け⑧買い付け泣かせの石たち。

こんにちは^^

IRODORI STONE
天然石とハンドメイドアクセサリー
のあんなです♪

ひたすら模造石を見比べました。
(前回の記事:海外への天然石買い付け⑦本物と偽物を見抜く

*今回のルートはタイ10日間の後に、インド3週間の予定です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー
!大阪/東京 展示会/ワークショップ受付中!

6/23-25 大阪▶︎こちらから
7/13-16 東京▶︎こちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

タイでの生活も残すところ今日を含めてあと4日!

勉強できるところまでやって、思い残すことなくインドへ行くぞぉおおおおお

 

 

気合いとは裏腹に土砂降りの雨。 IMG_3504

私、学校に着いた頃にはびしょ濡れ。
IMG_3507

というわけで、今日も勉強していきますよ♪

今日知りたかったことは、この間チャンダブリーで翡翠を買ったので、翡翠のこと!

緑の石はいっぱいあるけど
FullSizeRender 15

どれも一つ一つお顔やパワーが違うから
FullSizeRender 17

見ただけですぐにわかるんだな♪
FullSizeRender 18

 

 

なワケない。

全部同じに見えるぜぇええええええええ!!
FullSizeRender 13

とここで、屈折計という魔法の機械を使えば、屈折率からどれがどの石というのがわかるんですね。
IMG_3519

翡翠は1.660-1.668の屈折率…
よってこの間買ったラベンダー翡翠は…

翡翠と断定…!!
(イェーイ!)

 

とこんな感じだけど、普段どでかい屈折計を持ち歩くワケにも行かないので、目視でいろいろな技を使って翡翠と見抜けるように努力あるのみです。
IMG_3514
翡翠の原石↑

 

お次はターコイズです。

ターコイズも再生ターコイズや(本物の粉末を混ぜて固めたもの)ハウライトターコイズ、プラスチックターコイズなどいろいろなターコイズがあるから見抜くのが難しい石の一つでもあります。

再生したターコイズなんて成分同じだから屈折率も同じだし。

 

こんな風に色が均一なのは要注意。

IMG_3516

というか、買う時点でかなり安いはず…。

ターコイズって、染めのターコイズが出回りすぎて安いってイメージがあるかもしれないんですが、実はそんなに安い石ではありません。(むしろ高い方です…。)

 

美しくて、同じ均一な色で、鮮やかな青✨
丸玉蓮が欲しければ、数十万…いや、数百万円払いましょう。
(それくらいしてもいい石なのです)

 

ターコイズ、というものを買うときに
安っ!と思ったら要注意です。
(他にも見方はいろいろありますがひとつの指標として^^)

 

そんな事を学んで夕方からは宝石屋さんに行ってきました♪

あのね。
驚くなかれ。

 

 

 

 

見てこれ!!!

IMG_3527

IMG_3525

FullSizeRender 19

インドではみる事のない宝石が所狭しと並んでいます。

天然石、ではなく宝石あるいは宝石レベルのクオリティー✨

 

以前、石関係の友達とインドで話していたときに
インドはあくまで2軍で1軍はタイ。

しかもタイはインド人がファミリービジネスでやっている事多し!
なんて聞いた事があったけど、まさにその通り。

 

だって、売ってる人の中でもインド人、いっぱいいるもん。笑

つまり、工場はインドだけどお店自体はインドには持っていなくて、バンコクやヨーロッパにあるっていう人がうじゃうじゃ。(そっちの方が高く売れるから)

 

つまり、宝石質の美しいものは高く売れるバンコクへ輸出!!
人件費が安いから研磨やカットはインドで…!

みたいな感じかなぁなんて印象です。

 

FullSizeRender 14

トルマリンと宝石質のレインボームーンストーンをインド価格でって言って提供してくれた人もいて✨

 

この場所では
ピンクトリマリン
レインボームーンストーン
エチオピアオパール
をお迎えしました♪

 

 

さてさて、明日明後日は学校が休みなので、本格的な仕入れに入ります!!

どんな石たちに出会えるのか楽しみすぎる♡

 

つづく

 

日々のこと
Instagram▶︎こちら
*海外からライブ配信しています♪

ブログ更新お知らせ
公式LINE▶︎こちら
Twitter▶︎こちら
Facebook▶︎こちら 

オンラインショップ
http://www.irodoristone.com
(買い付け中はオンラインショップおやすみ中)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>